« 右往左往-2 | トップページ | 「た~んじゅん」と嫁の一言 »

2007年6月30日 (土)

よその国の事を何故アメリカで決議されるのか?

慰安婦決議案が、米下院外交委で圧倒的な票差で可決した。
日本には何の拘束力も持たないけど影響は大きい。

安倍首相は「軍が関わったという証拠はない」等と発言し、
日本の国会議員はワシントンポストに同様のことを全面広告した。

何という外交音痴、無知なんだろう?
アメリカは今更過去の事のみを言っているのではない。
戦時下の人権問題・女性に対する暴力が、今の戦争でも起こっていて、
過去について詭弁を弄し、謝ろうとしない日本の姿勢を批判しているのだ。
アメリカの議員はそれを現在の問題として捉え、
人権蹂躙・性暴力・強制等に反対する立場から決議案に賛成票を投じたのだ。

確かに政府や軍の書類に強制連行・集団暴行・堕胎に関する記述はないのかもしれないが、
人権問題は弱者の立場から見ないと解決できない。

その能力が今、日本に問われている。

沖縄で集団自決を命令した証拠はない。
南京大虐殺はない。
日韓併合は韓国が望んだ。
等と戦時中と同じ立場で発言する政府首脳が批判され、
今、起こっている戦争での現実問題として、
日本政府の鈍感さが問われているのだ。

日本の戦後はいつ来るのだろうか?

|

« 右往左往-2 | トップページ | 「た~んじゅん」と嫁の一言 »

ニュース」カテゴリの記事