« 恐怖の「おまき」が来た! | トップページ | WINのモニターが逝った… »

2007年6月25日 (月)

青春の残り火か?

倉庫を整理していて高校から大学時代の本が段ボール箱の中から出てきた。

特に大学時代は読みあさり、古本屋で買っては売りを繰り返した中で、出てきたのが坂口安吾の10冊。

『堕落論』は終戦後の暗澹たる世相の中、戦時中の倫理を否定し、「堕ちきること」を肯定する内容で、次に読んだのが『不連続殺人事件』。

これで完璧にはまった。

以来読み続け、「家康」「道鏡」のような歴史物から『白痴』等読みあさった。

青春の残り火が、今日、燃え上がった。

そして、
心が元気になった…

|

« 恐怖の「おまき」が来た! | トップページ | WINのモニターが逝った… »

文化・芸術」カテゴリの記事