« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月25日 (火)

クリスマス家族会

デュオ

昨晩は冬の家族会でした。
演奏はエリザベト音楽大学の留学生
ゴ・ヘジンさんのオーボエ
オイグスター・アレクサンダーさんのギター
という世界でも珍しい(広島では初だそうです)デュオでした。

オーボエという楽器はオーケストラのキーになる楽器で、
オーボエの出す音に全ての楽器が合わせて調音します。

それ故、ゴ・ヘジンさんはオーケストラの女帝と呼ばれています。

メンバーの中にあんどう花店の社長がいるので、
奥様には綺麗なシクラメンの贈り物。
子供達には二個以上のプレゼントが用意されてます。

何時も家族参加の我が家も「お坊っちゃま」の塾のため、
私一人の参加でした。

おかげで二次会・三次会……と飲みまくってしまいました(--;)

今日はかなりしんどい日ですね~反省・反省(ほんまかいな~と嫁の声)

|

2007年12月21日 (金)

湯たんぽは気持ちい~。

湯たんぽ

ホームセンターで湯たんぽを買ってきました。
2.6リットルで880円。

大きいものは沢山あったけど、
この大きさで、立つものはこれしかありませんでした。

三つ残ってた内で、一つは我が家、一つは義母が購入。
三人で一つでは足りないという嫁に、
「効きもしないものを買っても…」と拒否したのは私。

その晩早速試した嫁が、翌朝私のところに持ってきた。
・まだ暖かい
・じんわりとした温もりが心地よい
・腰に乗せると「極楽・極楽」
・抱っこしても気持ちんよか~ぁ

それからは息子と三人で取り合い状態が続き、
今日ホームセンターに行ってみると、
無い!
湯たんぽが無い!

売り切れで入荷時期も分からないそうだ(;_;)

昔の人の知恵をバカにしてはいけませんね。

だれじゃ~。いらん言うた奴は!

私のところには来ない湯たんぽちゃん…
あの温もりを心待ちにしています……

医学部受験予備校 医系学舎 広島
みなみストレスカウンセリングRoom/不登校
きまぐれ親父のHP
HARUZEN 広島
難関大学受験予備校 長井ゼミ
みなみストレス内科クリニック/心療内科 広島

|

2007年12月20日 (木)

原爆ドームもライトアップ

夜の原爆ドーム

噴水の間から撮りました。

平和大通りのライトアップに併せて、平和公園もライトアップです。
こちらのテーマは慰霊?

折り鶴のオブジェがロウソクの光で揺れています。

いつもの夜は暗く訪れる人も居ないけど、
この新しい試みに、多くの人が参加しています。

暗めに設定された明かりに映し出されるドームは、
荘厳さの中に凛として平和を訴え続けます。

|

2007年12月19日 (水)

懐かしのフライングトースター

フライングトースター

MACにはこんな面白いスクリーンセーバーがありました。

MACを買ってから、メモリーやHDを増設し、
FONTをインストールしたりで大変でしたが、
こんな楽しみがありました。

MAC使いの方はみんな親切で、
何故HDやメモリーが多い方が良いのかと尋ねたら、
パソコンを机に例えて、
広いが故の効率性や速度の話で説明してくれました。

そのときに貰ったのがこのセーバー。
最初はグラフィックボードのメモリー不足でぎこちない動きでしたが、
増設すると滑らかに動いてくれました。

深夜まで仕事をしても癒してくれるフライングトースター。

仕事にはゆとりが必要ですね~

ついでに懐に金と右手にお猪口、
左に美女がいれば申し分ありません!

でも何時、実現するんだろう…

|

2007年12月18日 (火)

国宝 曜変天目茶碗

国宝 曜変天目茶碗

「曜変」とは元来「窯変」「容変」を意味し、唐物茶碗「土之物」の筆頭に分類格付けされてきた。
「星」または「輝く」という意味をもつ「曜」の字を当てて文献に記されるようになるのは、十五世紀前期の頃からである。静嘉堂所蔵の曜変天目は、もと将軍家所蔵であったものを淀藩主稲葉家が拝領し、代々秘蔵したことから「稲葉天目」と称される。
産地は中国福建省建陽県に位置する建窯であり、窯址調査から、そのうちの蘆花坪窯である可能性が考えられているが、まだ曜変の明瞭な斑文を伴う陶片は出土していない。
今日、世界中で現存する曜変天目茶碗は三点(京都・大徳寺龍光院、大阪・藤田美術館、静嘉堂)であり、斑文の美しさはそれぞれ別趣であるが、すべて寸法や器形が酷似している。
いずれも焼成前に決定されているはずの素地土は最良のものが用いられ、高台の削り出しも精緻を極めていることから、曜変天目は、焼成中の偶然の所産であったばかりでなく、陶工が試行錯誤の果て、わずか完成をみた作品であった可能性もあるであろう。

私が最初に就職したナニワ印刷は造幣局のすぐ側で、春には桜の通り抜けで賑わい。
川を渡れば藤田美術館があり、そこに曜変天目茶碗があった。

天目というのは抹茶茶碗の一。擂鉢(すりばち)状で口縁はわずかにくびれ、高台(こうだい)は低く小さい。鎌倉時代に中国浙江(せっこう)省の天目山の寺院で学んだ留学僧が持ち帰ったところからの名で、小振りの茶碗は見事に手のひらに入り、大好きな茶碗の一つです。

曜変は光の角度で綺麗なブルーが現れ、周りの黒に相まって神秘的で危うさの中に美が輝きます。

未だに京都の物は実物を見ていませんが、大阪と東京の茶碗はそれぞれの違いが楽しく、
まさに国宝の名に恥じない一品です。

機会があればぜひ見に行ってください(^^ゞ

|

2007年12月16日 (日)

松浦塾へ参加してきました。

明石大橋

明石大橋を下から

土曜日は神戸で松浦塾でした。
岸さんの「トライス」の一室を借りて、
名古屋の西川さんの
「印刷業の7割は機械を捨てれば生き残れる!」
というショッキングな話が第1講。
山梨の井上さんが
「自分の会社を上場する」で第2講
そして私が
「正しいSEOのやり方」

1:00~5:00のみっちりとした勉強会でした。

夜は中華料理を堪能し、
舞子浜のホテルで飲みながら宿泊しました。

参加者も西川・松浦・福田・井上・岸・藤田・小倉、後から森田さんという、
ものすご~く濃いメンバーでした。

翌日は岸さんの案内で明石大橋と孫文記念館を散策。
有意義な二日間を過ごさせて頂きました。

高所恐怖症の私には、明石大橋の海上プロムナード(ガラス張りで下が見える)が、
とっても危険で迷惑な物でしたがね……

|

2007年12月14日 (金)

この城には何かがいる…

城

何か棲んでいそうな不気味さがありますね~

イラストのネタになるようなお城を探していたら、
世界のお城26というサイトに、色んな写真が載っていました。
シンデレラが住んでいそうなものや魔女の館のようなものもありました。

日本からは松本城の綺麗な写真が載っています。

よろしければ行って見てください。

26 Amazing Castles and Mansions from Around the World

|

2007年12月12日 (水)

推薦入試合格!

父は同級生・母は従兄弟という親戚の息子が、医学部推薦入試に合格した。
両親は取り敢えずホッとしていて声が明るい。
一浪で、工学部に行くか医学部にすべきか悩みながら医学部に決定したようだ。

広島の医学部受験予備校【医系学舎 広島】に通いながらの浪人生活で、
先日夕食にご招待したら、友人の気持ちがとても嬉しかったと言っていた。

籠もりがちの生活の中で、友人が気を遣って外に誘い出してくれ、
気分転換をさせてくれていたそうだ。

浪人生活で友情の有り難さが身に浸みたらしい…

友情の暖かさを忘れるなよ。
浪人生活はこれからの人生に無駄にはならないと伝えたが、
暢気なことはいってられない。

本番のセンター試験が待ってるのだ。
ガンバレ受験生!!!

ちなみに【医系学舎 広島】の学院長も私の同級生です。(宣伝、宣伝(^o^)

|

2007年12月 5日 (水)

広島のプロスポーツは何故育たない?

サンフレッチェも入れ替え戦必至。
落ちる方と上がる方、勢いの差が出てきそうで、
二度目のJ2落ちは確定的?

カープといえば、黒田と新井がFA。
エースと4番が抜ける格好だ。

このチームは2軍なんだろうか?
育てては逃げられて行く…

阪神はシーツが抜けた穴を補充するつもりなんだろうが、
このシーツも元広島。
金本も元広島。

以前も巨人に4番を取られた…

交流戦ではボロクソにやられたが、
活躍する対戦チームの選手は元広島ばかり…

あ~あ
ファンも悪けりゃ、フロントも悪い。
良いのは選手ばかりですなぁ~

へっ!(`´メ)

|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »